日々のなんてことないことを

書いたりしようと思います。

2006

--------------------2007--------------------

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

----------------------------------------------

 

2007/01/25

「暖冬??」

今年は暖冬なんですかねえ?
去年や一昨年に比べるとずいぶん暖かい気がします。
この家に引っ越したのが2004年の12月
ちょうど2年くらい前ですね。
その時はメチャメチャ寒かった!
なんせ、引っ越しまでに電気工事の業者さんが間に合わず
電気が通ってなかったんですから・・・
(長い間人が住んでなかったので、いろいろ工事が必要でした。)

家の中なのに
靴下2枚重ねに、スウェットパンツの上にスノーボードウェアを履いて
上はダウンジャケットやらコートやらジャンバー着て、
指が出る手袋して、ニット帽かぶって、マフラーまで巻いて
隣のおじいちゃんの家から、ドラム式?の延長コードを引っぱって
電気を確保して、完全防寒フル装備なのに「寒い寒い」言いながら
パソコンで年賀状作ってました(笑)

今でも部屋によっては普通に息が白くなるんですけどね・・・

 

 

 

2007/01/23

「火曜日と木曜日の朝の出来事」

毎週火曜日と木曜日はゴミの日です。
朝、ゴミ出しに行くと
いつもゴミ捨て場周辺を掃除しているおばあさんがいます。
杖をついて腰もまがった80歳くらいのおばあさん。
「いつもごくろうさまです」と声をかけると、
「私にはこれくらいしか出来んからー」と言ってにっこり。
仕事でもないし誰に頼まれたわけでもないのに寒い日も
杖をつきながら、ゆっくりゆっくり箒で落ち葉をはいています。
帰りにはいつも「気をつけてね」って声をかけてくれます。
とっても素敵なおばあさんだな、といつも感動します。
清々しい朝が2倍清々しくなる、
ほのぼのとした毎週火曜日と 木曜日の朝の出来事です。

 

 

 

2007/01/18

「賢Jからの贈り物」

ギャラリーでイラストを紹介している親友の
KEN-Jこと賢ちゃんから贈り物が届きました。
といっても写メールなんですけどね・・・

賢ちゃんは今日デートで山口県の徳山動物園に行ったみたいで
そこでマルミミ象を激写して送ってくれました!
さすが賢ちゃん!
ちなみに写真は「なっさん」ことKEN-Jの彼女さんが撮影したみたいです。

ナイスショットなっさん!
どうやら賢ちゃんは描くのは上手くても撮るのが下手だったようで・・・
賢ちゃんなっさんありがとう!

それにしても携帯電話とは思えない画質ですよね。
私がはじめてパソコンを購入した時デジカメも買ったのですが
当時(2000年)たしか200〜300万画素くらいで上位機種だった
ような気がします。
今じゃ携帯電話でもそれくらいの画素数を誇りますもんね。
ポケベルにメールを送る為に、公衆電話に10円入れて番号を連打してた
高校時代 には考えられないことです。まことに。
友達の家に電話して、少しどぎまぎしながらも、
友達のお父さんやお母さんに 「・・君いますか?」
なんていうのが常識だった頃がなんだか懐かしいですね。

 


 

2007/01/14

「おい君、それはちょっとベタすぎやせんか?」
 (西川きよしのイメージで)

題名のとおり、ベタすぎるので
ベタに弱い人、
ベタ好きな人、
ベタマニアの人、
やっぱ笑いの基本はベタやね、の人

心の準備をお願いします。
では、、、(アムロ)行きま〜す!!(←恥ずかしいくらいベタ)

はい来ました!ベタきました!
これはもうベタベタですね!
心なし引っぱってるのに最初から画像見えてるやん(←これもベタ)
ですね!
でも、両手があるし、片方だけど目もあるので
ベタとしては上等の部類に入るかもしれませんね。
両目があったらバッチリだったのに・・・
と思ったので、目をいれてみました。



これはベタじゃありませんね。
ベタなら卓球の玉にマジックで目を書いて、
あたかも目が飛び出しているようにくっつけるか
究極のベタとしては額に「肉」でしょうか?
それにしても「千と千尋の神隠し」に出てきた大根っぽい神様みたいですね。
もっとマニアックに言うなら伝説の植物「マンドラゴラ」みたいです。
この姿なら「ギャ−!!!!」って叫んでもあんまり違和感ないですね。
※マンドラゴラはヨーロッパに伝わる伝説の植物で、根が人の形をして
 いて 引っこ抜くと悲鳴を上げ、その悲鳴を聴いた人間は死んでしまう
 という、 恐ろしい植物です。


そんなこんなで、畑から引っこ抜いた後、さんざん大はしゃぎしたのち
昨日の夕飯に、お味噌汁にして美味しく頂きました!
美味しかったです!!

工房の前にある、ばあちゃんの畑で取れた大根のお話でした。


 

2007/01/13

「コンサートに行ってきました」

昨日すこし時間をもらって、市内であった
九州交響楽団のニューイヤーコンサートに行ってきました。
ヨハン・シュトラウスの曲ばかり(元気で陽気な曲)だったので
良いリフレッシュになりました!
貴族の社交ダンスのような、運動会のような曲なので
聴いていると身体がムズムズしてきて
会場のお客の98%をしめる、おじさま・おばさまも
その場で踊り出したいような雰囲気でした。
でも、ほんとは
クラシックの好みは、壮大で重厚で
目を瞑ると体が浮き上がるような曲が好きです。

 

 

2007/01/09

「工房内危険度ランキング2007」

2007年は仕事の事もたくさん書こうと思います。
なんで今まで書かなかったのか?
それは自分でもよくわかりません。
なんでだろう??
記念すべき1回目として
「工房には結構危険なものがあるんだぞ〜。」という
エキサイト?なお話です。
というわけで
ひさびさのランキング形式で工房内の危険を御紹介します。

第5位
「バフモーター」
バフモーターとは研磨の時に使う機械です。
高速で回る(立回転)円状の布やフェルトに研磨剤をつけ
手で磨く物を持ち、押し付けて研磨します。
すさまじいパワーを持っているので
チェーンなどが指と一緒に絡まったりしたら
簡単に持っていかれるでしょう(指が)
たまにリングなどが弾かれこれまた高速でとんでもない方向へ吹っ飛びます。
書きながら、ピッチャーマシンを連想しました。
そして、微妙にツボに入りました。

 

第4位
「フラックス」

フラックスとは金属と金属をくっつける(彫金では「ロウ付けする」)には欠かせない薬品です。
電子機器のハンダ付けや
ステンドグラスでハンダ付けする時も使用されます。
(ステンドグラスは実はガラスの側面に銅(だったかな?)のテープを貼ります)
この薬品、目に入ると失明の恐れがあります。
いろいろなタイプがありますので、全部が全部じゃないと思いますが
(注意事項とか明記してないのもあるのでタチが悪いです。)
使用したら必ず手洗いしてます。
失明したらシャレになりません。
失明といえば「うなぎの血」にもそういう成分が含まれているらしいです。
うなぎの血は目に入れてはいけません。注意しましょう。
「ミスター味っ子」で言ってました。

第3位
「ガスバーナー」

まだ大やけどの経験はないですが、寝ぼけまなこでは扱えない道具です。
下手すりゃ大爆発であります。
相方は修行時代にホワイトゴールドのリングのサイズ直しの時
すぐ冷めるだろうと水につけた直後のリングを素手で握り
見事にリング状の焼印がつきました。

第2位
「青棒」

青棒とは研磨剤の名前です。
でかいカロリーメイトのような形で、回転するバフにつけると粉状になります。
今は使っていませんが、KSNAMを立ち上げる前に使ってました。
なにが危険かというと
この研磨剤には、しこたま発ガン性物質が含まれているらしいのです。
パッケージにそんなことは書いていないのですが
彫金学校の講師が言っていたので確かだと思います。
研磨すると研磨剤が粉塵となります。
防塵マスクをしてないとその粉塵を吸い込みます。
まっこと危険です。
今は使ってませんが
研磨作業の時は必ず防塵マスクを着用してます。
呼吸をすると

「コーホー」

と言うので、ちょっとダースベイダー気分です。

 

第1位
「硫酸」

銀をバーナの炎にさらすと科学変化で表面が白く変色します。
それを除去するのが硫酸のお仕事です。
これは説明するまでもないかな?
小学生の頃から硫酸は危険物に認定ですもんね。
酸洗いしたら、しっかり
ミョウバン水(硫酸アルミニウムカリウム水溶液)で中和してます。
これまた相方の修行時代に、
気が付いたらお気に入りの洋服達にぽこぽこ穴が空いていたらしいです。
(リングなどが熱い内に希硫酸(薄い硫酸)につけるとジュッと飛沫が飛びます)
そうです。
犯人は硫酸です。
(「硫酸」って「リューさん」みたいですよね。)

 

ランク外-其の1-
「電気炉」

正式名称は電気式焼成炉っていうんでしょうか?
主に陶芸用の機械で焼き物を焼くことができます。
厚さ20cmの枠がついた電気オーブンみたいなものです。
うちのは1600℃くらいまで温度を上げることができます。
炉内の温度がすごく下がりにくいので
KSNAMでは銀の硬化に使っています。
なにが危険かというと、すんごい電力を使う機械ですから
すんごい「電磁波」がでてるんじゃ!?ということです。
電磁波は体に悪いらしいので、
電気炉を使っている時はなるべく離れた部屋にいます(笑)
ちなみに電気炉は工房部屋から遠く離れた場所に置いてます。
そういえば
パソコンからも多くの電磁波が出てて体に悪いと
昔、母が竹炭をパソコンの前に置きなさいと竹炭をくれました。
竹炭が電磁波を吸収するかどうかは調べてないので謎ですが
今もパソコンの前に置いてます。

 

ランク外-其の2-
「糸鋸」

彫金では金や銀やプラチナを糸鋸で切るんですよ。
はじめて知った時は結構ビックリしました。
糸鋸のほかにも刃物を使うので、別に特別危険なんてことはないのですが
一度痛い思いをした、というか
「どうしよう???」というイヤ〜な状況になったので書きます。
まず、糸鋸はフレームに細いノコギリをつけて使います。
細いノコギリは簡単に着脱できるので刃の向きを変えることで
「押し切り」と「引き切り」に使い分けることができます。
文字通り押した時に切れるか、引いた時に切れるかの違いです。
押し切りは刃が上に向いています。
引き切りは刃が下に向いています。

その時は引き切りで作業してました。
銀の板を切っていたかリングを切っていたかは忘れましたが
途中で糸鋸がポキッと折れました。
ちょうど押している時だったので、折れた先端がグッサリと指に
かなり深めに刺さりました。
そこで問題です。
その時、無数に並ぶ糸鋸の刃達は下を向いていました。
ということは
指から刃を抜くには必然的に指を切りながら抜くしかないという状況です・・・

「どうしよう??????????」

まさにどうしよう?です。
結局、しばらく考えた後に
「バンソウコウや足に付いたガムテープは一気に剥がすと痛くないよ理論」を信じて
一気に引き抜きました。
「ほー」とか「おうぅぅ」とかなんとか声が漏れたような気がしますが
あんまし痛みはなかったです。
同じような状況になったら一気に引き抜いてみましょう!
手に負えないものが刺さったら迷わず病院に行きましょう!

というわけで、今回のなんでもランキングはこれにて閉幕。
細心の注意を払って日々がんばってます。

あっ!!

完成品には危険な成分は0.001mmgたりとも
付着したりしてないので御安心を(笑)

 

 

2007/01/07

「初雪」

今日、朝起きたら雪が積もってました。
積もっていたといっても写真のとおり

積もったと言う表現ではおかしいくらいなんですけど・・・。
こっちはめったに雪なんて降らないので
すぐ感動します。

小学生のときとか雪が積もったりしたら

「一時間目は授業をやめて外に出ましょう!」

なんて雪遊びタイムになったりしたものです。
積もるといっても1〜2センチですから掻き集めると土が混じってしまって
雪だるまはグレー。
昼には溶けてなくなってしまうので、冷蔵庫の冷凍室にいれてみたり・・・。
雪が降ると今でもワクワクしてしまいます。
昔、社会の教科書とかに載っていた「かまくら」なんて憧れの的です。
でも寒いのは究極の苦手です。
はい。

今年はたくさん積もるかなぁ・・・
あっ
ここはめったに雪は積もりませんが「霜柱」はしょっちゅうできます。
こないだの凄く寒い日には、6cm超級の霜柱がム−ミンのにょろにょろみたいに
にょきにょき生えてました。

 

 

2007/01/01

「おめでとうございます!」


あけましておめでとうございます!
応援してくださった、たくさんの皆様。
支えてくださった、たくさんの皆様。
KSNAMの作品を気に入ってくれてお守りのように身に着けて下さった皆様。
みんなのおかげで無事、新たな年を迎えることができました。
この場を借りて
ありがとうございます。
心からのお礼を申し上げます。

さてさて2007年ですね!
ノストラダムスから8年も経ちました(笑)
今年もよりよい作品を創れるようがんばります!
「石」など使った作品も発表する予定です。
あっ。はじめて日記で仕事について語ってますね。
今年は自分の殻を破るというかもっともっと新たな表現を探究したいと思います。
本年も応援よろしくお願い致します!!

2007年
皆様にとって
飛躍ある、革命を起こす、心も体も健康に幸多き一年でありますように!
素晴らしい一年にしましょう!!!!

KSNAM
稲冨智也・田口八千代

------------------------------------------------------------------------------------
トップページ ・KSNAMの紹介 ・更新履歴 ・作者紹介 ・ギャラリー ・日記

リング ・ペンダント ・ブレスレット&バングル ・ピアス&イヤーカフetc ・オーダーメイド 

オーダーメイドギャラリー ・注文方法&販売規約 ・メール ・リンク ・ショップ 
------------------------------------------------------------------------------------